スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
タカキュ~@小笠原 12日目0426
 そんなわけで小笠原旅行最終日。
長かった更新生活もようやく終わる~♪(笑)

 昨日は実は19時頃に寝てしまって、久々に長いコト眠ってた。
起きたのはまたしても5時。
ちょうど朝日が見れる時刻だったからデッキへあがってみた。
残念ながら水平線に雲がかかってたけど、朝日が昇るのをしばらく眺めていた。
おが丸から見た朝日☆


 竹芝桟橋到着は15時。
まだまだ時間はたっぷりとある。
ラウンジで日記書いたり、DSでレイトンしまくって時間は過ぎていく。
ゲームのし過ぎで船酔いしかけたりもしたけど、頭を床にくっつけると楽になりことを発見\(o ̄∇ ̄o)/
これは効果高そうなので船酔いした時は試してみてチョ☆

 昼頃デッキでフットバッグしていると房総半島が見えてきて東京湾内に。
東京湾内はスピード制限があるらしくて、スピードを落としたことで揺れも収まり、風も当たらなくなってフットバッグしやすくなりました!
おが丸でフットバッグするなら東京湾に浮かんでいるうちがベストでしょう(*´▽`)ノ(笑)

 そんなこんなでのんびりした船旅を楽しみながらも、アッとゆーまに竹芝桟橋に着いてしまうのであった(TωT)
ただいま~☆

 
 いつも式根島行く時は「まだまだ遊んでいたかったよーう!」と竹芝桟橋に到着すると思うんだけど、さすがに今回は「かなり遊び倒した感」が強かった(笑)
本当に楽しかったなぁぁぁヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃
ビバ!小笠原!!

 思い残すトコロではドルフィン・スイムしてないことだな(≧ω≦)
機会があったら絶対にやりたい!
人生の夢がまたひとつ増えた☆
いつかまたもう一度行くゾー!!!

 

 それから小笠原行っている最中に買った本なんだけど「好きです!小笠原」っていうエッセイが詰まった旅本は行く前に読んでおけば良かった!!とすっごい思ったので、これから行く人は是非読むコトをオススメします(≧∇≦)
好きです!小笠原



 あと後日、宿と釣りでご一緒したご夫婦からメールが届きました☆
ホエール・ウェッチングでザトウクジラのブリーチングを目撃&激写写真を一緒に添付してもらったので貼り付けて今回の旅行記のラストを飾りたいと思います(≧∇≦)
 長旅で行き帰りの船が同じだから色んな人と親しくなるのが小笠原の旅の醍醐味!
本当に有難う御座いました☆
ブリーチング(≧∇≦)

スポンサーサイト

テーマ:あッ∑(゜∀゜)!!と言う間に(*´∀`*) - ジャンル:日記

【2007/05/06 09:22】 | 念願の小笠原旅行☆ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
タカキュ~@小笠原 11日目0425
 ついに小笠原を離れる日になりましたっっ(TωT)

 今日も早く目が覚めて外に出てみるとキレイなウロコ雲が!
ウロコ雲☆

折角なので朝食前に島の東側をドライブすることに。
夜明道路を南進!
途中、朝日の絶景スポットが何箇所もあり、もう少し早く起きとくんだったと若干後悔しながらも山道を疾走☆
東島かな?

亜熱帯っぽい1枚。多分見えてるのは東島。
国立宇宙天文台☆

国立天文台の望遠鏡。
首のない二宮尊徳像☆

首のない二宮尊徳像。米軍が撤収する時にお土産に持っていったとかいかないとか(笑)

 そんな感じで島を一周して再び宿に戻り父島最後の朝食。
14時「おが丸」出航なので、午前中は荷物を丸めて宅急便の手配。
「山パン」で船内用の食糧を確保!スーパーでカップラもGET!!
船内での食事に抜かり無し!!!(笑)

 そして10時から13時まで時間も出来て天気も上々だったので、ずっと泳ぎたいと思ってた宮の浜へ行ってみた☆
宮の浜~☆

この旅行はじめてのウェットスーツ無しで海にイン!
つ、つ、つ、冷たいッッ(≧n≦)
ウェットスーツの偉大さを身をもって知りながら泳いでみると、これまた海の中がキレイ!
こんなにサクッとこれてこんなにサンゴが残ってるトコロってそうは無いだろうなぁ、とシミジミ思った。
沢山の魚を使い捨ての水中カメラに収めながら、泳ぐことしばし。
体が冷えて少しブルブルしてきたような…。
このまま泳げなくなったりしたら100%溺れ死ぬなぁ…と怖い想像に駆られて砂浜まで戻ってくる。
恐らくそんな長いコト泳いでなかったように思う。
やはりまだ泳ぐには早かったのねぇ、とバスタオルにくるまって体温がもどるのを待ちながら痛感した。
本当に真夏に来たいもんだ(≧∇≦)

 着替えて、少し街をのぞく。
大神山神社にも登ってみた!
大神山からの景色☆

イイ天気!
少しお土産屋で買い物して宿に戻る。

 13時になり、港まで毛利荘の奥さんに送ってもらう。
トレーラーハウスについて色々質問してみたんだけど、500~600万円位で買えるらしい。
あとは土地さえあれば、固定資産税もかからないのだとか!
オ、オレも欲しい!!!
それぐらいなら頑張れば買えるかも!みたいな(笑)
しかも快適だしねぇ。
家具なんかも全部はじめからついてるんだって!
いいなぁ(≧∇≦)

 そんなわけで港に到着。
出航までの短い時間は「おが丸」を撮ってみたり、猫ちゃんとお別れしたりして過ごす。
ビールを飲むことも忘れない(笑)
おが丸☆

さようなら猫ちゃん☆


 そいで船に乗り込みついに離岸!
離岸☆

「蛍の光」が鳴り響く中、大勢の見送りの人が「行ってらっしゃい!」と叫ぶ。
そっか島の人からすればそうなるんだな、とか思ってるうちに船が少しずつ離れていく。
別れの汽笛が鳴り響くと船上からは沢山の赤い花で編まれた花輪が放たれた。
見送りの人達が走る。
また来たいなぁ、と心の底から思った。

 そしてまだまだ終わらないお見送りのセレモニー!!!
なんと港からクルーザーが5、6隻追いかけてきて港の外に出るまで伴走するのだ!
お見送り☆

その間ずーーーっとクルーザーの上では手を振って、「また来てネーッ!」って皆で声を合わせて叫ぶの(≧∇≦)
思わずジーンをしながら見てたら、1隻が近づいてきて船の真横まで来てスピードダウン。
そして船からお見送りの人達が次々と海に飛び込む!
おが丸からは喝采の声は上がる!!
1隻、また1隻と近付いてきてダイブして、と繰り返して最後の1隻になった時奇跡が起きたッッ(≧ω≦)


 前方からイルカの群れが跳ねてきたんだYO!
その姿は、まるで小笠原がサヨウナラを言ってくれたみたいに感じた!!
この時マヂ感極まった!!!
正直ちょっと泣いた(笑)
小さくなっていく父島。
ありがとう父島。
また来るよ小笠原。


 あとは25時間半の船旅。
旅行中知り合ったご夫婦とデッキで歓談しながら時間は過ぎていきました(*´▽`)ノ

テーマ:♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。 - ジャンル:日記

【2007/05/06 02:02】 | 念願の小笠原旅行☆ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タカキュ~@小笠原 10日目0424
 今日は釣り船に乗って大物を釣ってしまおう!という夢の企画☆

 朝食後、迎えの車の乗って港へGO! 
これが今日お世話になる「アイッパラⅡ号」↓
アイッパラⅡ号☆

船は二見湾を出て北上、兄島の西側へ移動。
今日は天気にも恵まれて波に洗われる磯や岬がとても美しい。
自然の造詣に心を打たれる。
兄島の西の方の岬☆

 
 でも釣りが始まったら景色なんてそっちのけなんだけどね(笑) 
そんなこんなでポイントに到着。
竿とエサが渡される。
「うわ、ごっつ!!!」
リールはデカイし、巻いてあるラインも半端なく太い(≧∇≦)
そして仕掛けも巨大なハリと120号のオモリ。
エサはムロアジの切り身。
今日の仕掛け☆

一体どんな魚が釣れてくるのやら。

 船長が仕掛けの投入の仕方やタナ取りの仕方を説明してる間に早くもHIT!
昨日食べたオジサンが釣れてきた!
しかも腹が他の魚に食い千切られていた模様。
そのオジサンが釣れた後に何か大きい魚が腹をかじっていったみたい。
たまにそんな釣れ方もするらしいから期待は高まる(≧∇≦)

 そして1投目からオレの竿にもHIT!
釣れてきたのはアカハタ!
島の名物で高級魚(o→ܫ←o)
沖縄ではアカミーバイとか呼ばれてるんじゃなかったけ?
アカハタ☆(島ではアカバ)

 
しかしこの釣りなんだけど、何やら釣れているっぽいのだが、生憎と竿が太いわ、オモリが重いわで普段の釣りで感じる魚の挙動が伝わってこない。
例のピクンピクンってやつ。
いつ釣れてるかわからなくて、気付くと魚が釣れていて水の抵抗でリールが重たくなるって感じ。
最初は普段の釣りとの違いにかなり戸惑った。
アタリもわからんからアワセとかも入れられないし。
随分と大味な釣りだなぁ、って正直思った。
けどこの後何故このタックル、この仕掛けなのかを思い知る時がやってきた!

 だいぶ釣り方も慣れてきた頃、エサの交換しようかとリールを巻き始めてすぐにガツンと竿に手応えが伝わってきた!
今までとは明らかに違う感触!!
魚が明らかにいるっていう例の挙動!!!
突如重たくなったサオを懸命に立ててポンピングを繰り返し、そろそろ魚が水面まで来るんじゃねーの?
って思い始めたその時、フッとサオが軽くなる。
「………バレたーーーっっ(T-T)」
叫んでも後の祭り。
どうやらフッキングが甘かったのでは?とのコト。
ををう!明らかな大物の予感に高鳴ったこの胸の鼓動をどうしてくれるんだ!?
「ギニャー!!!」
非常に悔しい。
うっわー!

 でもこうなったら絶対に釣ってやるんだから!
と勇ましく再び仕掛けを投入。
でも一度バラすと回遊魚の群れは散ってしまうとのこと。
ショボーン…(T-T)
でも気を取り直して、ちょっと高めにタナ取りして待つことしばし…また何か喰った!!!
再び「ズン!」て手応えとともに糸が持ってかれる!
ドラグは締めてあるのに糸が出て行ってしまうし、リールを巻いても空転するわで「何じゃコリャー!!!」と叫んでるうちにラインが切れた…。
根ズレしてしまったらしい。
海底近くで釣っているので、アタリ後すぐに巻き上げなければ根に入られたりして切れてしまうとのこと。
いやしかし、糸も巻けないのにどうしたらいいんだ…orz
サルカンも変形してたから余程の大物だったのでは?とのこと。
あうー。

 とにかく口惜しくてベイトリールの使い方をもう一度教えてもらい、猛省して再びTRY!
「今度こそ釣り上げてやるぅぅぅぅぅ!!!」
幸運なコトに三度目のアタリが到来!
「ズン!」
これはクセになるな(笑)
何度もポンピングして巻き上げてようやく釣れてきたのはアオチビキという魚でした☆
アオチビキ☆

↑クチビルにかろうじてフッキングした状態で釣れました(笑)
あぶないあぶない(≧へ≦)

 その後、小さめだけどカンパチを追加!
ものすごいヒキだった割りにこのサイズってコトは大物のカンパチのヒキはとんでもないコトになるんだろうなぁ!!

 そして5度目の大きなアタリに歓喜しながら巻き上げる!
明らかにこれまでよりデカイ!!
んで釣れてきたのは…
センニンフグ☆

なんと巨大なフグでした!
「センニンフグ」っていうんだって。
何でも千人殺せる位の毒があるからその名がついたとか…こわ!(笑)
速やかに海にお帰り頂くことに。
さようならセンニンフグ(T-T)

↑この写真見るとその大きさが伝わるかもしれない∑L(゚ロ゚L)

 そんな感じで今日のオレのクライマックスはこの千人河豚でした(笑)
その後は「ズン!」もなく、アカハタやシロダイを適当に追加して終了。
適当にとは言うけど、普通に考えてアカハタとかシロダイとか30~40cmの魚が1匹釣れただけでも普段なら万々歳なんだけど、それが当たり前のように釣れてしまう小笠原の海の恐ろしさときたら…(笑)
上手い人はもっともっと釣るらしい…ゴイス…。

 
 そんなわけで帰港。
もう腕がパッツンパッツン!
あれだけ重いオモリ使ってたら、エサ交換だけでも相当にシンドいんですよ(≧ω≦)
船長曰く「小笠原の釣りは体力勝負!」だそうです。
まさにその通りで魚と真っ向勝負で綱引きしてるような感じのワイルドな釣りでした☆

 
 魚を漁協へ持ってってクール宅急便で送る手配をして宿まで送ってもらって終了。
アイッパラⅡ号の船長さんと奥さんには本当にお世話になりました!
有難う御座いました☆

 そうそう魚は2、3日氷漬けにしてから食べた方のが美味しいんだって!
だから東京が配達された頃が一番の食べ頃だとか。
そっか刺身は釣りたてじゃないほうが美味いのか。
勉強になりました。


 そんな感じで今日釣ったアカハタを煮付けてその日の夕食にして頂きました(*´▽`)ノアカバの煮物☆

その他、頭は味噌汁のダシにしたり、カマは塩焼きにしたりしましたYO♪
美味しかったァァァ☆


 そんな感じで本当に楽しい1日でした☆

 そういえば港に戻る時にクジラがチョコッと見えた(*^ω^*)

テーマ:+゚(´^ω^`)+゚ - ジャンル:日記

【2007/05/06 00:42】 | 念願の小笠原旅行☆ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。